smartという名盤について

 

前回のブログにて八乙女光くんのことを綴っていたら、smartについて書きたくなった。自論を展開するだけの何の意味もないブログなのだが、検索に引っかかったか何かでここを読んでくれている誰かがいるらしい。ありがたい事だがつまらないと感じた方はすぐさまページを戻って頂いて構わない。つらつらと書き連ねていきたいと思う。

smartというワードを突然出したがこれは完全に良作だと思っている。ここにふと立ち寄った人にもわかるよう簡単に説明すると、smartとはHey!Say!JUMPが2014年6月にリリースしたアルバムで、彼らにとっては通算3枚目のものとなる。

シングル曲でいうと、Come On A My House 、Ride With Me 、AinoArikaが収録されている。

 

共通しているものはユニット曲を抜かした14曲。そのうち1つは裕翔くんのドラム演奏だ。そしてメンバーの手によって作詞された曲が5つある。

この情報は追々知り得る事になると思うがまぁ良い。

 

単刀直入に、私はコンパスローズが好きだ。もう最高としか言いようがない。


余談ではあるが私はCDを手にしてからの流れとして、まず耳から入る。その後から目で歌詞カードの文字を追う。この流れは自分の中では絶対的だ。勿論歌詞カードをパラパラ捲って、この歌良さそうだなと直感で選び聴くという人もいると思う。そこの段階は自由だ。しかし正直幾ら歌詞が良くても耳が音を拒否すればその歌を好きになることはない。


その流れを経て、結果的に何度も聴き返したのがコンパスローズだ。初めて耳にした時は、どこかかっこいいバンドから提供された楽曲なのかと思わずにはいられなかった。勿論今までのものを蔑んで評価しているわけではない。ただただ今までのHey!Say!JUMPにはなかったような印象を受けたのだ。そんな気持ちを抱きながらふと目にする。
作詞:八乙女光…??
まさかだった。光くんが作詞していたなんて。またまたやられた。
文字を追い、気になる部分があった。

 

夕日が沈み 星空見えるまで なんとなく進んで行こう

あと少し… 流れ星見えるまで そばにいてもいいよね?

門限の9時 星空が見えても なんとなく一緒にいよう

 

この流れがもう天才ではないか。めちゃめちゃ上から目線っぽくなってしまうことを前もってこれを読んでいる人と光くんに謝罪したいのだが本当にここはすごい。
何故好きなのか。勿論直感でハッと来たというのもあるのだがメイキングを見てやっとわかった。
それは薮くんのコメントである。
薮くんは光くんの綴る歌詞を言葉遊びが上手いと表現した。

(なんとなくの部分に) ”手を繋ぎ”とか”いつまでも”とか入れられるわけじゃん。でも光は”なんとなく”にしたわけでしょ。

なるほど。私もそこが好きなんだと気付いた。ありがとう薮くん。
そう。”なんとなく” 。この5文字、最高に良い。
”手を繋ぎ”という強いられた動作でもなく、”いつまでも”という在り来たりだけど約束が曖昧な言葉でもなく、”なんとなく”。
コンパスローズに似合う。本当に似合う。

「行け・そばにいてもいいだろ・一緒にいろ」
そうではなく
「行こう・そばにいてもいいよね?・一緒にいよう」
遠慮がちというか、自分の感情だけでなく誰かのことも思いやる。考えれば考える程、光くんにしか書けない歌詞だと感じる。

自分自身この曲にだいぶ救われたこともあったので、光くんにはとても感謝している。

コンパスローズ。知らなかった方はCDを買うか借りるかしてまず聴いて頂けたらなと思う。

 

さて、このページはsmartという名盤についてである。まだまだ、良曲はある。

八乙女光が好きだと公言しておいて、Come Back...?をスルーすることは出来ない。コンパスローズの事を書いたなら尚更である。

Come Back...?これもまた例の如く八乙女光くんが作詞をしている。更にこの曲、作曲も彼の手によって行われているのだ。

イントロとサビのメロディが同じであり、とても耳に残る。口ずさみたくなるフレーズとはまさにこのことだ。

本人の口からも述べられているように、簡単に言うと「ドロッとした恋愛」がテーマである。人を恨めないと自分を分析する光くんが長い時間をかけて創り上げた、良くないわけがない。そこで敢えて猫という、苦手なものをワードとして持ってくるのもまた光くんならではだ。

1番で最高に嫌な女性を創り上げる。2番ではそれに反撃する男。わかる。読んでてもそうだよなとは思う。しかし作った張本人は平和な部分も残したかったと述べる。こんなに力強くてある意味トゲトゲしい曲なのに、なんだかスッと入ってくるというか、聴きやすさがあるのは光くん自身争いごとが嫌いなタイプだからというところにも繋がるのだろうか。

ちなみにメイキングではCome Back...?について知念くんと有岡くんもコメントしている。この2人を見ると如何に光くんを尊敬しているかがわかる。レコーディングしている知念くんの表情もまた良いのだ。是非目にして頂きたい。

 

 

コンパスローズ、Come Back...?

冒頭でsmartが良作だと述べた。しかし書ききれない。ここまで読んだ方にはお分り頂けると思うが、途中で光くんの創り上げたものを紹介するだけのブログへとシフトしている事に自分でも気付いていた。smartは曲順もまたしっくりくると思うので1枚通して何度でも聴いて頂きたい。最後のまとめが雑になりかねないので、このへんで締めたい。

smart。発売から2年以上経ち、今もなお色褪せるところを知らない。何故他のアルバムがリリースされているのにも関わらず敢えてsmartについて語ったか。詰まる所、そういうことである。