メイキングを観た

 

新曲「OVER THE TOP」、「Funky Time」のMVとメイキングを観た。

 

なんだかもう、今のこの気持ちに合致する言葉を教えて欲しいといった状態だ。上手く表せられないのが悔しいとしか言いようがない。

 

私は一般人だ。ごくごく普通の生活をしている。

彼らは芸能人である。一般人には知り得ない部分も多く持っている。

 

ブログや雑誌、DVDや番組などで表に出ていることしか私は知らない。彼らが発信していることだけを信じて観ていくのだ。良くも悪くもそれしか知らない。

 

それでも今回のメイキングでは彼らの「本当」の瞬間を垣間見ることが出来たのではないかと思わずにはいられなかった。

何度巻き戻したか、何度胸を締め付けられたか。

 

どこが、と言われたら…。

Jr.時代からシンメでやってきた彼らが、という表現に尽きるだろうか。

 

何というか今はもう、ただただ胸がいっぱいだ。この気持ちを分かち合える人は、少なくないと思っている。

 

時を経て、大人になって、事情も色々変わってくるんだろうな。

タブーだった、という言い方はきっと適切ではないだろうが私はそう感じていた。

過去は変えられない。振り返っても懐かしいだけ。受け入れられないことだってきっとあるんだ。彼らにも、私にだって。

 

それでも私は今、メイキングではしゃいだり、真剣に生きている9人がとても好きだと思う。

そして、それで十分だとも思う。

 

勢いに任せてつらつら書いてしまったことに少しの後悔が生まれる。

 

ちなみにこのブログを使うのは初めてだ。Twitterは字数制限がありもどかしいし、Instagramなんてお洒落極まりないものに写真を載せておまけ程度に文字を綴るというのもなんだか憚られる。

そんな理由から今に至った。

 

誰かに向けてというわけではないので自由に書いていこうと思う。